雇用としてのアルバイトの条件

バイト / アルバイト就職難の続いている現在では、自分のやりたい仕事には、なかなか就くことができない人が多いと思います。それは、正社員であれ契約社員であれ、パートタイムであろうとアルバイトであろうと変わらないでしょう。
しかし、雇用条件の中では、年齢が高くなるにつれて、アルバイトを探すことが1番難しいかもしれません。
なぜなら、他の雇用条件に比べてアルバイトの場合は、最初から雇用期間が短く設定されていることが多いからです。アルバイトの場合は、他の雇用条件と比べて仕事に必要な技術などを習得するチャンスが少なくなります。仕事をするうえでの技術を身につけていないと、仕事先も限られ、高額な収入を望むことも難しいでしょう。
しかし業種によっては、アルバイトといえどもスキルや経験などが必要な職業も多くあります。たとえば販売員や外食産業などのように、店内のことをアルバイトだけに仕事をまかせてしまう業種も最近は増えてきています。また製造業や配送業、看護師などでも、経験のあるアルバイトを重用して、正社員やパートほどではないにせよ、スキルに見合った給与を支払う会社もあります。

このページの先頭へ

自分に有利なアルバイト

バイト / アルバイト若い時には職種を選ばなければ、アルバイトを探すのはあまり苦労しないと思います。しかし年齢を重ねるにつれて、アルバイトを探すのが難しくなっていきます。そういう時には、それまでに経験のある仕事や似たような仕事内容のアルバイトを探すと、採用される確率が上がる場合があります。
また、アルバイトに仕事を任せているようなところでは、仕事のスキルや経験があると採用されやすく、給与も交渉によっては最初から高く設定してもらえます。
たとえば経験のない業種のアルバイトについて、1から仕事を覚えることは大変ですし、仕事に慣れるのにも時間がかかります。それに引き換え、経験のある業種で仕事を探した方が、すぐに戦力として働けるので、雇用側にも自分にとっても、楽で有利な選択といえるでしょう。

このページの先頭へ

BOOKMARK